【国際結婚】ウクライナ国際結婚支援協会 公式HP

【国際結婚】 日本ウクライナ国際結婚支援協会 公式HP

皆様にお知らせ

2017.12.12 週刊新潮記事と50代元会員について

いつも大変お世話になっております。
支援協会代表の高垣です。

最近とある雑誌に、当協会を批判する記事が掲載されましたが、
当協会としては事実無根であり、同業他社が策略した営業妨害であります。

また雑誌社についても判決が確定していないばかりか憶測又は一方への取材のみで書かれた内容であり、極めて遺憾でございます。

同雑誌では、当協会の元男性会員であった57歳茨城県在住男性(以降、57歳男性)が当協会に対して訴訟していると記載されておりましたが、訴訟が存在する点は事実でございますが、全く事実に反する金額を請求してきているものでございます。

当協会では守秘義務を遵守しておりますが、今回は、57歳男性側から悪意を持って雑誌社に事実無根の内容を話しているため、相当な事由があるものとし、また裁判の特性上、公開裁判であることから経緯について記載させていただきます。

この57歳男性は、当初10代のウクライナ人女性との結婚を至急というかたちで希望されておりましたが、当時50代半ばの日本人男性が、10代のウクライナ人女性と容易に結婚できるものではないとお話しし、30代のウクライナ人女性との結婚をご提案差し上げました。

そうしましたところ、57歳男性は、10代女性は絶対条件であり妥協はできないとの旨、要請を受けたため、至急は難しいとの旨伝えた上で、見事21歳のウクライナ人女性Aとウクライナで挙式、結婚されました(未入籍、以下女性A)。

しかしながら、女性Aが日本に来日し、共に生活したところ、女性は57歳男性のことが恐くなり逃げ出したようです。そして「女性Aがお断りして帰国した」という57歳男性の連絡を受け、当協会が別女性を紹介し、ウクライナ人女性B(当時18歳、ウクライナで挙式、現地入籍、以下女性B)と結婚に至りました。


57歳男性と女性Bの結婚証明書

ところが、その女性Bも女性Aと同様に恐くなり逃げ出したようで、後に女性Bより「性的虐待を受けた」との勇気ある告発が当協会にもたらされ、それによって恐ろしい事実が判明致しました。

当協会としましては、少なからず不安な気持ちを持って来日されるウクライナ人女性に、来日直後に性行為を幾度と強要し、人ではなく物のように扱ったことは極めて遺憾でございます。

またこういった理由がありウクライナ人女性と結婚してもすぐに帰国され、それを当協会の責任だと押し付けており、そういったことから事実無根の訴訟を提起してきたものだと確信しております。

また、最近では当協会に対してあらゆる妨害行為を実施する同業他社がございます。

その同業他社は、国際結婚 ハーモニーでございまして、数年前にハーモニー社が国民生活センターがハーモニー社に纏わるトラブルを公開したことで、当協会も注意喚起すべくハーモニー社の同トラブルを公開したところ、ハーモニー社は当協会に対して違法まがいな妨害をし続けてきました。

当初、ハーモニー社と57歳男性は無関係だと考えておりましたが、些細なことから関係性が明らかになりました

ハーモニー社の代理人弁護士は、小川晶露弁護士(愛知県弁護士会)でありますが、
この度の57歳男性の代理人弁護士も、同小川弁護士でございました。
※小川弁護士と記載したところ同じ姓の弁護士から問い合わせがございましたので、弁護士会名とフルネームを記載させていただいております。

ハーモニー社は神奈川県、57歳男性は茨城県在住であり、愛知県名古屋市の全く同じ弁護士を利用することは、偶然起こりえることではございません。

構図としては、ハーモニー社が当協会を妨害すべく小川弁護士と57歳男性を利用し、当協会を妨害・壊滅させることが目的だと想起されます。
そして雑誌社が事実関係を十分に調べず記事掲載し、事実無根の裁判まで提起してきている状況でございます。

現在 週刊新潮、57歳男性、ハーモニー中村浩康氏を相手取り裁判を準備中でございます。(一部は既に提訴しております)

当協会は断固としてこういった妨害行為に対して負けず、以下のように国民生活センターでの国際結婚トラブルなどをなくすべく今後もクリーンな業界を求めてまいります。

http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20120119_2.pdf#page=11

ハーモニー社と小川弁護士、57歳男性が更なる事実ではない妨害行為を実施してきましたら、当協会には更なる考えがございます。

なお当協会はこの業界では現地法人があり日本人が常駐して日本人会員様をサポートする特出した会社でございます。
今年も数々のカップルが成立し来年は結婚ラッシュになります。

私どもはこの白人女性との国際結婚業界をクリーンにし1人でも多くの日本人の方々により確実にウクライナ美人女性と結婚していただき少しでもウクライナと日本の架け橋に成れればとこの業界を盛り上げて参りましたがハーモニー社の国民生活センターでのトラブルで更なる犠牲者が出ない様に注意喚起をした為小川弁護士、週間新潮、57歳男性を使い私どもが詐欺業者に仕立てられようとしています。この様な妨害活動にも負けずこの業界の未来の為、ウクライナとの架け橋の為、頑張って参りますので
皆さまにご心配をおかけしておりますが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

クレメンチューク

※当HPをブックマーク登録お願いします

名前 or ID 検索

支援協会は現地事務所あります

 運営代表 高垣 典哉

 kyujin

お問い合わせ

スカイプ
お気軽にコールください!
※大変恐縮ですが営業時間内にお願い致します。


日本事務局 
平日通常 営業時間 9:00-22:00
 050-3442-5540
土日祝補助 営業時間 12:00-22:00
 050-5806-1681
休憩時間等、すぐに出られない場合があります。

現地法人 営業時間 16:00-3:00
TEL  050-7125-9957

定休日 月曜日(毎週)
sienkyokai@yahoo.co.jp skype02-small

ウクライナ女性のための教室

日本語教室 
1回(1時間)  ¥1,500-
詳しくはお問い合わせください。

代表がNHKラジオに出演しました!