【国際結婚】ロシア・ウクライナ 国際結婚支援協会

【国際結婚】 日本ウクライナ国際結婚支援協会

女性選びは現実的に

女性は性格が丸く、優しい女性がいい

僕も大体、見たらわかります。気の強い女性はダメですね。性格が丸いというか、優しい子がいいですね、日本人にとっては。僕も最初のころは「綺麗な女性、綺麗な女性。」と思っていた。(でも)結婚してからは、やはり癒しが欲しいです。

私の嫁は若いから、癒しにならないですが(笑)常にやきもちを焼いているし、怒っているし。他の女の子を見ていたら首を絞められるから癒しにならないのですよ(笑)その点を考えて、僕はあまり若すぎるのはだめだと思っています。そこそこ25-6歳以上、だんだん落ち着いてきて、丸くなってきているのです。
 

現地提携先相談所へのクレームも

(スキャマーは)弊社においては、そういうのは全く心配ありません。僕が知っている女の子、もしくは、僕が知っている(ウクライナ現地の)結婚相談所、そこの社長と僕は親しいですから、スキャマー(金銭目的の女性)のような女性を紹介しようものなら、僕が大激怒しますから。(現地提携先の)結婚相談所の社長も怖がっています。僕がそうやって怒るから。

常に僕は日本人の会員さんの立場に立って、考えています。(だから)そういうことは弊社に関しては全くないです。気心が知れた女性もいますから。ここ(現地ウクライナ)に住んでいるおかげで本当に日本で、例えば保険のおばちゃんで知り合いの女性を紹介するというような形を僕は実現できているんですよ。そうなので、変な(スキャマーの)女の子は紹介することはないですから、そこは安心できると思います。一番安全で、確率が高い方法を日々考えて、動いています。
 

出会い系サイトや他の結婚相談所でうまくいかない理由

出会い系というのは、身元がはっきりしていない女性が自由に登録しているのですよ。それを利用した詐欺の大きな組織があるんです。その詐欺の組織が適当に女の人の写真をどこかから引っ張ってきて、それを自分が出しているような形で、出会い系サイトに掲載しているのです。男性から申し込みが来たら、自分は本当にその男性とお付き合いするというふりをしながら、お金を搾取する、そういう手段だからうまくいかないのです。
 

ある同業他社のやり方を反面教師に

僕は最初、H社という会社を使っていた(会員だった)。今もやっているH社という会社。そこの会社のやり方というのが、出会い系の女性に連絡して、そこから登録する、というようなことをやっていたのです。そうなので、そこの会社で紹介された女性が出会い系(サイトに登録されている女性)だったのです。40万円くらいの飛行機代を(無駄に浪費した。)

そこの会社(H社)が出会い系サイトに登録されている女性に連絡を取って、「あなた、うちに入会してくれ。」と言って、入れていたみたいなんです。だから(女性が)電話にも出るんです。その女性というのは、向こうは写真だけの女性だから、実際に会っているわけではないので、多分詐欺の別人が応答しているんですよね。そういう手口なんです。それで僕も騙されてしまったのです。もちろん本物(の女性)もいるし、実際に存在はしています。

そこ(H社)はそういうトラブルが起きだして(から)、現地の結婚相談所と提携するようになりました。でも(私はH社会員だった頃、H社に)現地結婚相談所のアンナベルという会社を紹介した。そのアンナベルという会社はヨーロッパの人を希望している女性を集めている会社で、僕もその(現地相談所の社長である)アンナと親しいのですが、僕はそこの会社(アンナベル)は使わないです。男性、(支援協会の)会員を紹介してもなかなかOK(の返事)が出ないのです。そこの女性はヨーロッパの男性と結婚したい、という人が多いですので。でもH社はそこ(アンナベル)を未だに使っています。(アンナベルに聞いたのですが、H社会員が渡航でアンナベルには)3年くらい来ていないそうです。
 

支援協会のカップリング率の高さ

僕は一番安全な、日本人が結婚する確率が高い方法をキエフに在住して確立しているのです。H社は平均3か月に1度の成婚実績、など書いていますが、そんな簡単にうまくいくわけがない、誇大広告だと思っています。支援協会は異例なんです。まだ始めて3年目なんですが、弊社は僕がここ(現地ウクライナに)いるので、結婚できる確率がものすごく高いのですが、ただ(同業他社の多くは)会員さんを現地の結婚相談所に一人、放り込んで、話す言葉もわからないから、(言葉にも女性にも長けている男性でない限り)なかなか結婚できないです。

支援協会は僕が(会員さんを)フォローするし、なおかつじっくりとスカイプ(テレビ電話)でお友達になってもらって、両者に通訳を入れて、スカイプで仲良くなってもらっているという前提がありますから、会ってから早いです。そういうところが違うのです。だからカップリングする確率はものすごく高いです。
 

交際期間は人それぞれ

支援協会のお見合いは、(会員全員の方が)結婚していただきたいから、(女性と)深いお見合いをしてもらいたいです。真剣にやっていただいたほうが、僕らもやりがいがあります。男女のお付き合いの関係のなので時間的な問題もありますが、例えば1ヵ月の人もいれば、藤原さんは2週間で結婚したが、人それぞれ早い、遅いがあるので、結婚まで1年、2年かかる人もいます。
 

うまく行かなかった事例1

最後まで空振りに終わった3人の方がいました。1人目の会員さんは「支援協会で紹介している女性じゃ物足りない。もっと美人がいい。」と言われ、仕方がないのでどういう方法を取ったかというと、街に出て、綺麗な女性に声をかける方法。その方法をとったが、その人実際に(その場に出たら)綺麗な人が来ると、恥ずかしがって話ができない。それで空振り、しかもタクシー代までケチるというシビアな方なんです。それでは、ちょっとダメだということでアドバイスしたのですが、(本人が)聞かないのです。これが一人目の人の失敗例。
 

うまく行かなかった事例2

別の2人目の人は30代後半の方だったのですが、この人も女性を選ばない。綺麗な女性3人か4人を選んで、その後選ばない。(女の子との関係が3、4人ともうまくいかなくても)他を選ばない。最後には通訳の女の子を選んだのですが、それも空振り。最初スカイプでやってほしいといったのですが、それも選ばない。決め打ちはいいのですが、無理なところを決め打ちするということで、失敗に終わって、そのままです。
 

うまく行かなかった事例3

最後の3人目の人はものすごく性格のいい人なんです。この人はある一人の女性とずっとスカイプで交際していて、その女性も日本に行くという話になっていたのですが、その女性ちょっと見た感じ、悪い子ではないのですが、その男性では女性に負けてしまうと思いました。それで僕は招聘するのを止めたのですが、女性は悪い子ではないが選んでいるような感じで、その男性ではOK出さないのではないか、結婚までいかないな、と思ったから止めたのです。(もし)違う男性だったらうまくいく可能性はあるのですけどね。女性のほうが強いのです。

僕は大体、男性と女性を見たら、どのように(二人の関係が)なるのかというのがわかるのです。男性はものすごくいい人で優しすぎるのです。だから、(男性がうまく)リードができなかなあ、と思って止めたのです。それで、その男性に次におとなしそうな人(女性)、真面目そうな人を紹介したのですが、あまりその男性のタイプではなかったため、OKを出さなかったのです。(もし)その女性だったら(関係が)うまくいっていた(と思います)。
(僕は会員さんを)結婚させないと意味がないと思ったので、僕は止めた。その後、その男性がショックを受けてしまいまして、まだ復帰していない状況で、早く復帰して頂きたいです。

(その男性は)優しい人でものすごくいい人ですよ。(一方で)男性に向かない(と思われたその)女性は、遊び人のようなタイプの男性だったら、その女の子もいけると思うのです。その女性はすごく人気はあるのです、でもモテるからといって、その真面目な男性には合わないのです。
その女性は性格はいいですよ。でも、その性格と男性と結婚するということとはまた違うのです。
 
 

※支援協会Youtube動画
「女性選びは現実的に」より収録

クレメンチューク

※当HPをブックマーク登録お願いします

名前 or ID 検索

支援協会は現地事務所あります

 運営代表 高垣 典哉

お問い合わせ

 スカイプ お気軽にコールください!
※大変恐縮ですが営業時間内にお願い致します。

日本事務局 営業時間 12:00-22:00
TEL  050-5806-1681
キエフ事務局 営業時間 16:00-6:00
TEL  050-7125-9957

定休日 月曜日(毎週)
sienkyokai@yahoo.co.jp skype02-small

ウクライナ女性のための教室

日本語教室 
1回(1時間)  ¥1,500-
詳しくはお問い合わせください。

代表がNHKラジオに出演しました!